本文へスキップ

ブライト商事株式会社は、眼鏡業界及び他業種でも実績のある眼鏡部品や消耗品の販売を専門とする総合商社です。

TEL. 0778-52-6556

お気軽にお問い合わせください

チタン用フラックス


高周波及びバーナーで銀ロウを使用し、チタン同士(Ti+異種金属も)をロー付けする際に、

使用するチタン用のフラックスです。

強度は、溶接と比べると落ちますが、補修や穴埋め等に使用する場合に適しております。

安価な価格でご提供できます。

   

【チタン用フラックス 500g入(左):50g入(右)】


 【チタン用フラックスの使用方法】

※活性温度は600〜950℃です。

※銀ローは低温でも高温でも使用可能です。(フラックスの活性温度範囲内)

※熱源は、フラックスが飛び散らない様な熱源を推奨致します。

※フラックスを、よくかき混ぜ(ガラス棒推奨:金属製等不可)、ペースト状で使用して下さい。

※ロー付け前に、必ずロー付け面を洗浄して下さい。


※棒状等に、チタン用フラックスを塗布し、銀ローを加熱、一旦、銀ローを乗せます。


※部品のロー付面にフラックスを塗布し、ロー付面を加熱させながら、こする様に、
 棒状等の銀ローを、ロー付面に乗せます。(チタン同士の場合、同様に両方の部品に銀ローを乗せます)


※ロー材が乗った部品のロー付面にフラックスを塗布、相手方部品にもフラックスを塗布し、
 工具等を用い、加熱しながらロー付します。


※熱源を近づける、或いは遠ざける等の温度差で、フラックスに変化を与えます。

※フラックスが馴染むまで、上記諸動作を行い、タイミングを見計って、一気にロウ付けに移行して下さい。

※フラックスが、諸動作の結果により水状に変化した時が、ロウ付けのベストタイミングと考えます。

ロウ付けタイミング等との諸条件、そして、ロウ付け技術を要します。
(諸条件とは、ロー付けに適したロー材の選定、熱源、温域、治具、圧等によります)


(写真は、チタンと洋白のロー付)
※ヤスリ等で、はみ出た銀ローを削り、体裁を整えて下さい

【チタン用フラックス(一般的なフラックスも含む)の注意事項】

※フラックスは有害ですので、直接、肌に触れたり、特に擦り傷、傷口に触れぬようご注意下さい。
※作業時に発生するヒューム(蒸気・ガス・噴煙等)や、粉塵を吸うと健康を損ねます。
※作業時にあたっては、保護具を着用し、充分に換気をして下さい。
※万が一、目や傷口に入ったりした場合、すぐに水洗いをし、専門医にご相談下さい。


 

【チタン用フラックスを用いたチタンロー付の基礎から実践まで、ご指導致します】

既に眼鏡業界で実績のあるチタン用フラックスを用いたチタンロー付方法を基礎から実践まで、ご指導致します。

文面では分かりづらい、ロー付方法が分からない等、直接こちらから赴いて、習得して頂きます。

ご興味がございましたら、ご遠慮なく、お申し付け下さい。
(条件によっては、御断りする場合もございます)




バナースペース

ブライト商事株式会社

〒916-0038
福井県鯖江市下河端町2-22-3

TEL 0778-52-6556
FAX 0778-53-0790
mail tnakacho@bright-trading.com

アクセス